水道と言えば、これほど国民の生活に密着したものは無いはずなのに、
大手メディアは「水道民営化」について、ほとんど報道しない。
報道しても、政府の言い分をそのまま垂れ流す事しかしない。

日経新聞が13日に、「水道法改正案、今国会見送りへ」という記事を出している。
本当だろうか? なんか信用できない(笑)
本当だとしても、秋にまた出して来る話なので、全く良くない。

水道民営化に関連して、オモシロい画像が出回っている。

水道民営化反対ツイ
民営分割ご安心下さい
出典:https://mobile.twitter.com/mi_amare_musica/status/1014667436983926785


これ、何かと言うと、国鉄民営化の時に自民党が出した新聞広告らしい。
全体はコレ↓
自民党広告

自民党の噓つきは、伝統だね。
ブルートレインは廃止されたし、JR北海道はローカル線全面廃止に追い込まれている

将来を完璧に見通せる人なんていないし、改革に痛みはつきものだけど、
土地が広くて人口が少ない北海道を切り離したら、経営難になる事は予測できただろうに。

日本では政府は責任を取らなくていいようになっている。
となると、何でも好き勝手やれちゃうじゃない。

ローカル線は大切なインフラだったのに、民営化により採算の合わない線は、どんどん廃止されていく。


ならば、国鉄以上に重要なインフラである「命の水」は、どうなるのだろうか?
ローカル線は、バスやタクシーで代替できるけど、水の代替ってありません。


やっぱ水道民営化は、どう考えてもダメでしょ。(-_-メ)