あきれた話だ。
国民の大部分がカジノなんぞ望んでないのに。

成立後に決める項目が331個もある、白紙委任状みたいなインチキ法案なのに。

省令で決める=国会のチェックが入らない。
密室で決めた事がそのまま行われます。
実質、三権分立の崩壊だよ。

今後、安倍政権や、もしかしたらその後の自民党政権も、同じ手法を繰り出して来るよね。
事実上、立法の私物化で独裁がさらに進んだということだよ。

よりによって、災害で多くの国民が苦しんでるこんな時にだよ。
国民の命よりカジノが優先されたって話だ。

それなのにマスコミ、「こんな風でした」と言うだけで、ちっとも大騒ぎしない。
日本が独裁化してもエエんかい、テメーらは。
戦争ムードを盛り上げてしまった戦中の失敗を、繰り返す気なんだな。


成立するのはわかってたよ。
でも、もう少し何かなかったんかよ? 自民も公明も。
せめて、造反議員が数名出るとかさー。

本当に心を失ったんだね。
勝っていても、人として哀れなヤツらだよ。



昨日の参院内閣委での、山本太郎の発言を取り上げるよ。

山本太郎

日刊スポーツ 19日 山本太郎氏激怒!カジノ法案採決手法「なんだそれ」



 自由党の山本太郎共同代表は、カジノ法案の採決が行われた19日の参院内閣委員会で、西日本豪雨の被災地対策に当たる担当でもある石井啓一国交相が、カジノ法案の審議に出席し、さらに自身の要望に素っ気ない答弁を繰り返したとして激怒する場面があった。「この委員会が開かれているのが、おかしい!」「うそでも、被災者を安心させろよ」などをただし、質疑がたびたびストップした。


 15分の持ち時間で質問に立った山本氏は、「いちばん困った(被災地の)方が何とかならないか。明日も見えない中で、『ばくち法案』の話なんて、できない」と、何としても今国会の成立を急ぐ与党の対応を非難。「カジノ法案の審議は、まだ入り口にも入っていない。臨時国会での継続審議以外あり得ない。政府には、被災者が不安を感じずにもとの生活を戻せるよう、本気を出して欲しい」と、審議の継続を訴えた。


 その上で、豪雨対策として現地でごみ収集車が不足しているとして、「東日本の余剰分を西日本に送ってほしい」などと要請。自身要望をあらためて関係閣僚で共有してほしいと要望したが、石井氏は「委員のご要望はすでに伝えてある。関係省庁でご判断されると思う」と、応じた。


 このような答弁が続いたことで、山本氏の怒りが爆発した。


 「冷たいなあ。そんな人に、災害担当なんかやってほしくないわ!。なんだそれ」「まったく心のない答弁だ。言ったらそれで終わりというなら、石井氏が国交相でなくてもいい。総理は今の方でなくてもいい。心を込めて仕事をしてくれよ。心からお願いしているんだ」などと主張した。


 持ち時間が過ぎ「おまとめください」と委員長に指摘されたが、「何をまとめろというのか。無理な話だ。だって答えてもらっていない」と粘ったが、速記を止められた。再開後も、質問を止める様子はなく「初動の遅れを取り戻すため、応援のための質問。心をもって答えてほしい」と続けた。


 山本氏の指摘に対し、石井氏は「私としては山本議員の要請に、真摯(しんし)に対応してきた」と理解を求め、民家の宅地内で使える小型重機の支援を調整していることなどに触れ、「今後も真摯(しんし)に災害に取り組みたい」と話した。


 山本氏はその後、採決に向けた討論でも申し合わせの時間を越えて持論を展開したが、山本氏が質問中に委員長が突如、「他にご意見もないようなので…」と述べ、採決を強行。山本氏は委員長の席に突進して、採決時の文言が書かれた資料を奪うなどしたが、委員長は別に用意した資料を出し、他の野党議員も委員長席に詰め寄って、採決に反対したが、与党などの賛成多数で法案は可決された。与党は20日の参院本会議で、成立を目指す。


どんなに泥臭いと言われようとも、最後まで諦めないで抵抗する太郎ちゃんには心がある。

真摯になんて言葉は、他人から言われて初めて価値のある言葉なんだよ、石井国交大臣。
あんたに心はあるのか?