いや、昨晩の報ステにこの人の映像流れて、そらビックリ!

北村滋内閣情報官・通称「アイヒマン北村」 首相動静出現率ナンバーワンの男!
アイヒマン北村

山口敬之のレイプもみ消し工作にも関わったという疑惑。
毎日のように公邸で首相と面会して、今度はどんな裏工作に走ってるのかと、みなさんの不安をかき立てる。
 
そんな北村くん、北朝鮮との交渉窓口に任命されたという情報が少し前に流れてたのだけど、
北との極秘接触がアメリカにバレちゃって、トランプさん大激怒の巻。


前段階として、6月の日米首脳会談があるようだ。
日本のメディアが報じない実状を、ワシントンポストが暴露した。


 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は28日、6月の日米首脳会談でトランプ大統領が「私は真珠湾を忘れない」と述べ、対日貿易赤字問題などをめぐり安倍晋三首相に強い不満を表明したと報じた。

 両首脳は北朝鮮問題でも対立したという。

 同紙はまた、7月に日朝情報当局高官がベトナムで極秘に接触し、事前に知らされていなかった米側が、不快感を示したとも伝えた。

 同紙によると、トランプ氏は安倍首相に対し、2国間通商協定の交渉を促したが、首相は断った。トランプ氏は牛肉と自動車の市場開放も求めた。貿易や対北朝鮮政策をめぐり日米の立場の違いが鮮明になる中、トランプ氏の不満が詳細に伝えられたのは初めて。

 6月の会談は、同12日の北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との初の米朝首脳会談に先立ち、ワシントンで7日に行われ、北朝鮮問題が焦点となった。安倍首相は、北朝鮮の非核化が具体化するまで、米韓合同軍事演習の中止や朝鮮戦争終結宣言を思いとどまるようトランプ氏に助言していたが、同紙は、首相に近い人物の話として「安倍氏の提案は完全に無視された」と指摘した。

 同紙によると、7月の日朝情報当局の極秘接触では、北村滋内閣情報官と、「キム・ソンヘ」という人物が会談したという。聯合ニュースは、キム・ソンヘ氏の肩書を統一戦線部統一戦線策略室長と伝えた。拉致問題について話し合ったとみられる。

つまり、日本のテレビが報道する「完全に一致した」というのは、嘘八百。
貿易問題では「真珠湾を忘れない」と言われ、北に対する提案では「完全に無視」されたのだ。



 米ワシントン・ポスト紙(電子版)は28日、複数の関係者の話として、北村滋・内閣情報官と朝鮮労働党統一戦線部のキム・ソンヘ統一戦線策略室長が7月にベトナムで極秘に会談していたと報じた。米政府高官らは日朝両国の情報当局高官の接触を事前に伝えられず、不満を示しているという。

 北朝鮮の情報当局とのチャンネルは、ポンペオ米国務長官が米中央情報局(CIA)長官当時に利用し、6月の米朝首脳会談の開催に結びつけたこともある。

 日朝間の接触をめぐっては、河野太郎外相が今月3日、シンガポールで北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相と接触。安倍晋三首相は6日の記者会見で、「最後は私自身が金正恩(キムジョンウン、朝鮮労働党)委員長と対話し、核・ミサイル、何よりも重要な拉致問題を解決し、新しい日朝関係を築かなければならない」と述べ、日朝首脳会談の実現に意欲を示している。(ワシントン=園田耕司)


菅長官「コメント控える」
 
 米紙が日朝両国の情報当局高官が7月に極秘接触したと報じたことについて菅義偉官房長官は29日午前の会見で、「そのような報道があることは承知しているが、報道される内容の一つ一つに政府としてコメントすることは控える」と述べ、否定しなかった。「いずれにしろ政府としては拉致、核、ミサイルといった諸懸案の解決に向けて全力で取り組んで参りたい」と話した。

スガめ、さすがに今回ばかりは「問題ない」とは言えんかったようで。(笑)

問題ないスガ



この極秘接触がどうなったのか、今のところ情報がナイ。
まぁ、日本側の情報は政府が黙して語らずなので仕方ないとして、
北もだんまりを決め込んでいるのは謎だね。

双方が黙ってるってぇのは、何も変わらんということじゃねーの?
北村くん、成果ゼロかしら?


北との窓口は、拉致問題解決の第一歩だけど、なんだかなぁ....
総裁選に合わせて「やってる感」の演出を試みたけど失敗しちゃったので黙ってる?
なんだかそんな風に感じちゃいましたとさ。



しかし日本のメディアって、ワシントンポストにこういうのすっぱ抜かれて悔しいと思わんのかねぇ?