日テレ政治部記者(だった)青山和弘
日テレ 青山記者
安倍総理とも懇意で政界に顔が利く敏腕記者だった(『日テレNEWS24』より) 敏腕記者→御用記者の間違いだろ(笑)

御用記者だから、こんな本も執筆されてま〜す。
安倍さんと本音で話した700時間
青山和弘著『安倍さんとホンネで話した700時間』(PHP研究所)




ただ今話題沸騰ちゅー。
日テレの看板ニュース番組「NEWS ZERO」で、10月より有働アナとともに新MCを勤める予定だった政治部記者の青山和弘氏が、突然の降板となりました。
その理由が「深刻なセクハラ」ってコリャ....レイプ疑惑の山口敬之を彷佛とさせる話ですよ。
セクハラの域を超えてるだろ!(-_-メ)

第一報は、NEWSポストセブン


 10月からの番組リニューアルに伴い、『NEWS ZERO』の新メインキャスターに就任する有働由美子アナ(49才)が激震に見舞われている。同番組に内定していた男性キャスターが突然、“降板”することになったのだ。

「実は櫻井翔さん(36才)とともに有働アナを支えるはずだった男性キャスターが突然変更になった。内定していたのは、日テレ報道局の青山和弘さん(50才)で、すでに有働アナとも顔合わせ済みでした。ところが9月1日付けで、突然、報道局から他部署へと転属してしまった。完全な“左遷”人事です。有働アナは絶句したそうです」(日テレ関係者)

 なぜ鳴り物入りの男性キャスターが突然異動になったのか──。青山氏は東京大学文学部卒業後、1992年に日本テレビに入局。報道局政治部で頭角を現し、政治部のエースとして知られる。

「安倍晋三首相からの信頼も厚いと評判です。ワイドショーやバラエティー番組にも出演、難しい政治の話をわかりやすく解説してくれると女性ファンも多い。第二の池上彰さんになれると言われるほどです」(前出・日テレ関係者)

 青山氏は日テレの局員と結婚後離婚。2011年に別の日テレ局員と再婚し、現在2児の父で子煩悩でも知られる。

「その青山さんに女性局員に対する深刻なセクハラ騒動が起きました。泥酔した20代の女性局員に無理矢理肉体関係を強いたと疑われています。当初、女性局員はほとんど記憶がないことから、訴えることをためらっていましたが、自分と同じような被害にあった女性が他にもいると知り、日本テレビ内でセクハラやパワハラに対処する部署に訴え出たそうです。事実関係を確認し、お互いの事情聴取も経た上で、今回の降板、異動となった。局内では箝口令が敷かれています。大きな痛手です」(別の日テレ関係者)

 10月から『NEWS ZERO』はスタートを切れるのか──。9月6日発売の『女性セブン』では騒動の一部始終について詳報する。

女性ファンも多い? 第二の池上彰? (?ω?) いや、アタシこの人の事存じ上げなかったんですが....
(まー、日テレほとんど観ないのであたりまえか。笑)

泥酔した女性に無理矢理肉体関係って、準強姦罪ではないでしょか?(山口敬之と同じ)
しかも「他にもいる」って、もしかして常習犯?
日テレの対策部署に訴えたけど、日テレは記者を降板して箝口令を敷いたって、それって隠蔽でしょ!


リテラの後追い報道が、日テレの隠蔽体質を浮き彫りにしている。

リテラ 5日 安倍御用記者・青山和弘が"セクハラ"で『NEWS ZERO』有働アナのパートナーを降板も、日テレが事件を隠蔽 

抜粋

 青山といえば、『安倍さんとホンネで話した700時間』(PHP研究所)なる安倍礼賛本を出版するほどの御用記者。たとえば安保法制が国会で審議されていた際には「この法案が廃案にされては困りますので、うまくこう、巻き込んでいく」とまるで安倍官邸の一員のような発言をテレビでおこなうなど、解説と称して安倍首相の主張を代弁。本サイトでも"政権の腹話術人形"とツッコんできた。

御用記者を通り越して、腹話術人形!! (笑)
 
 しかも、問題なのは、この青山の事件は「週刊新潮」や「女性セブン」が取材に動いて発覚したわけではない、ということだ。じつは、日テレはこの事件を事前に把握しながら、公表することなくもみ消そうとしていたのである。

 というのも、性行為を強要された女性は当初、青山の事件を告発することに躊躇していたというが、告発を決心。日テレは「日テレ・ホイッスル」という社内報告制度を設けているが、女性はこの事件を局に訴えたという。

 こうして女性が被害を申し出たことで、日テレは青山から聞き取りをおこなうなど事実関係を確認、対応に乗り出したが、その結果はなんと、青山への処分はなし。9月1日付けの人事でこっそりと報道局からグループ推進本部に異動させたのだ。
 しかも、日テレはこの件で、社内に異常とも言える箝口令をしいていた。青山が『NEWS ZERO』メインキャスターを降板したことはもちろん、異動のことすらも知っている社員はほとんどいない状況だったという。

 さらに、この期に及んでも日テレは青山の事件はおろか、降板すらも認めようとしていない。きょうの記者発表会でも、青山が降板したことについては一切説明がなかった。

 また、本サイトは日テレに対し、青山の異動の事実や、『NEWS ZERO』メインキャスター就任の取りやめは女性問題が理由ではないかなど複数の質問をぶつけたが、その回答は以下のような素っ気のないものだった。

〈番組制作の過程についてはお答えしていません。
 異動については報道出身の前任者がグループ会社へ転出したため、
 その後任としてグループ推進本部に異動したものです。〉
 ようするに、日テレはいまだに、青山の事件も、青山を『NEWS ZERO』のメインキャスターに据えようとしていたキャスティングも、すべてなかったことにしようとしているのだ。

つまりアレですね。「あった事をなかった事に」 ソレを実践してるのですね、日テレは。(怒)

勇気を振り絞って告発したのに、当人にはお咎め無しで事実を隠蔽デスカ...
これじゃぁ「日テレ・ホイッスル」ってーのは、何のためにあるかわからんね。
むしろ無い方がマシなんじゃね?


どうするんでしょうね、日テレも他の局も。
山口敬之の時と同じように、スルーするんでしょうか?
山口はすでにTBSを辞めてたけど、今度のコレは現役社員ですよ。
これもスルーしたら、日本のテレビ業界は腐り切ってるという証左になるね。


今後の展開をじっくりと拝見しようじゃないの。