13日、札幌地震で激しく液状化した札幌市清田地区で、住民説明会が開かれました。
なんかその内容が酷い....


清田地区 住民説明会1
清田地区 住民説明会2
清田地区 住民説明会3


北海道地震 住宅地が液状化 住民説明会で不満の声(18/09/14)
 https://youtu.be/y9CkZS6E4a0



 北海道地震で液状化が広がった札幌市清田区で住民説明会が開かれ、市の説明に対して不満の声が相次ぎました。

 13日、札幌市は液状化した土地のボーリング調査を行うなど原因の究明に時間がかかるとして、支援策を決めるのに3カ月ほどかかると説明しました。

 参加した住民:「スピード感ないと、秋は雨が多くなって冬を迎えたらもっと大変になるんじゃないか」「いつ、誰が、どこまで、何をしてくれるのか聞きたかったけど、『全く分かりません。調査しています』と」

 清田区里塚地区では、地震による液状化で多くの住宅が傾くなどしていて約100棟が「危険」、または「要注意」とされています。市は宅地造成は規定通り行われていて責任はないとしています

宅地造成は規定通り行われていて責任はない

...って、何だかなぁ。行政が宅地造成の許可を出すのだから、責任がないということは無いでしょう。

「手続きには1点の曇りもない」
「文書管理規定に従って廃棄した」

ダムの大量放水で水没した愛媛県西予市野村町(5人死亡)でも、行政側は「
河川法に定められた操作規則に基づいて対応した」と言ってましたよ。(詳細岡山県真備町でも同じような事が起きている)
人が死んでるのによくこんな言い方ができるなぁと....

「決められたルールに従ってやったのだから、問題ない」このごろ役人はよくこういう言い方をしますね。
じゃぁ、そのルールが間違ってんじゃないの? ってことだわよ。
住民の命を守るのが行政の役目だったんじゃないんかねぇ。


日本には、山の際まで住宅が建ってるところが無数にあるじゃない。
清田地区のように、むかし川だったところを埋め立てて造成したところも無数にあるじゃない。
こんなに地震や豪雨が多発するようになって、むかし決めたルールがもう通用しなくなってんじゃないの?

責任云々言うより先に、どうしたら住民の命を守れるか、考えて欲しいよ。