私は知ってたけど、なんか知らない人が多そうじゃない?

タンス預金
いっそ、タンス預金にしちゃうとか(笑) 



国は来年1月から、10年以上放置された預金を社会事業に活用する。国が新法を施行し、管理主体を銀行から国に変更したためだ。潜在的な預金は約6000億円で、対象も6000万口座を上回る見通し。本人が気付かなければ権利は国に移り、申し出なければ手元に戻らない。憲法の財産権を守りつつも、国が私有財産を動かす異例の試み。眠った資金を有効活用するためとはいえ、預金者は注意が必要だ。

今年1月から施行された「休眠預金等活用法」というヤツでございます。
それによると来年1月から、10年以上入出金などの取引のない預金は、民間公益活動に活用されるんですと。

まぁ、没収というわけではなく、申し出れば払い戻しもできるという事らしいので、アベ政権を信用できる人は安心してればいいんじゃない?(笑) 
えー?アタシは信用してませんよー、もちろん。
だからちょこっと動かしておきましたよ。

詳しくはコチラを読むといいですよ。

10年で休眠扱いすんなよと言いたいね。
10年って長いようであっという間よ。
そもそも、国民のお金を政府が勝手に使うなんてヒデー話だわ。泥棒かよ?(`ヘ´#) 


この話、テレビで報道してた記憶がないんだわ〜。
だから知らない人多いと思いますよ。
特にお爺ちゃんやお婆ちゃんには、注意を促しておいた方がいいですよ。