アベちんたら、トランプさんに自分を支持する米カジノ業者の日本参入を認めろと、強く迫られてたようです。
米メディアが報じましたとさ。
それであんなに大慌てで、災害対応そっちのけでカジノ法案を通したのですね。
どこまで売国首相なんだか。(▼皿▼#)

スクリーンショット 2018-10-14 14.28.32


 【ワシントン共同】調査報道で知られる米ニュースサイト「プロパブリカ」は10日、トランプ米大統領が2017年2月に南部フロリダ州で安倍晋三首相と会談した際、トランプ氏を支持する大口献金者が経営する米カジノ大手「ラスベガス・サンズ」に対し日本参入の免許を与えることを検討するよう強く求めたと報じた。

 同サイトは「外国首脳との会談で、献金者の利益に直接結びつく話を持ち出すのは外交儀礼に反する」と問題視。安倍氏はことし7月の国会審議で口利きはなかったと否定している。

この件は、大手新聞社も軒並み報道してる。
 例→朝日新聞 11日 トランプ氏、安倍氏にカジノ業者参入要求か 大口献金者
 ※朝日新聞はさらに詳細を報道してるので、コピペしておきます。
  興味のある人は読んでね。

 米調査報道専門ニュースサイト「プロパブリカ」は10日、安倍晋三首相が昨年2月に訪米した際、トランプ大統領が安倍氏に対し、トランプ氏の大口献金者が会長を務めるカジノ運営大手「ラスベガス・サンズ」の日本参入を働きかけていたと報じた。大統領が献金者の個人的なビジネスの利益を他国の首脳に求めることは、規範に反する異例な行為だと指摘している。

 同サイトによると、ワシントンで日米首脳会談を終えた両首脳は、昨年2月10日夜からトランプ氏のフロリダ州パームビーチにある別荘「マール・ア・ラーゴ」に移動。ゴルフや食事など週末をともに過ごした際、トランプ氏が突然、大口献金者シェルドン・アデルソン氏のカジノ事業について話題に持ち出した。

 日本側の関係者は驚いた様子だったが、トランプ氏は安倍氏に対し、サンズへの日本での事業許可を強く検討すべきだと求めた。その会話を知る関係者の話では、「安倍氏は回答せず、『情報をありがとう』と述べた」という。

 これに先立ち、アデルソン氏は首脳会談前日の9日夜、ホワイトハウスでトランプ氏と夕食を共にしていた。さらに翌10日午前、安倍氏が出席した全米商工会議所主催の朝食会にアデルソン氏も同席。この場には、ほかに二つのカジノ業者もおり、安倍首相とカジノに関して意見交換したという。

 一方、アデルソン氏は昨年9月、カジノ誘致で有力候補の大阪府を訪問し、松井一郎知事、吉村洋文大阪市長と非公開で会談した。アデルソン氏は記者団に対し、カジノ実施法案の素案で、ギャンブル依存症対策の一環としてカジノ面積の上限が設定された点を「ベストなIR(統合型リゾート)がつくれない」と批判した。

 同サイトは、今年7月に実施法が国会で成立したが、このカジノ面積の上限は法律から除外されていたと指摘している。

 また、アデルソン氏は最近、株主に対し、日本参入の努力が実ったと伝え、「我々は先頭にいる」などと語っているという。

 アデルソン氏は16年大統領選で、トランプ氏に2千万ドル(約22億4千万円)を献金し、さらに大統領就任式にも500万ドルを投じている。同サイトによると、日本のカジノ市場は最大で年250億ドル規模になると予想されており、アデルソン氏は長年、日本参入を切望してきた。

 トランプ米大統領が2017年2月に安倍晋三首相と会談した際に、米カジノ大手「ラスベガス・サンズ」の日本参入を働きかけたとの報道について、菅義偉官房長官は11日の記者会見で「首相が国会で答弁した通りだ」と述べた。首相は以前の一部報道に対し、7月の参院内閣委員会でトランプ氏からの口利きを否定している。(ワシントン=土佐茂生)

西日が豪雨災害で大変な時に、与党は災害対応やらずにカジノ法案成立に突っ走ってたこと、忘れませんよ、アタシ。
あのウラには、こんな経緯があったのですね。
アベちんが国民のことなんか考えてないのが、よくわかります。

しかし、テレビはこの件を大騒ぎしてなかったように思うのですが、してましたか?
相変わらずテレビは「外交の安倍」などと言って、アベちんワッショイを続けてるように思うのですが...?