スクリーンショット 2019-05-13 18.40.14
瀟洒な家屋があった場所は更地となっていた(2019年5月7日、赤澤竜也氏撮影)/yahoo!ニュース


あまりにも不公平。このまま終わらせてはダメだと強く思う。 

yahoo!ニュース 9日 豊中の旧籠池邸が取り壊し。森友学園系列保育園の建物も近日中に解体へ

3月にはまだあったのに....
スクリーンショット 2019-05-13 21.22.59
筆者は定期的に旧籠池邸の様子を見に行っていた。春先には確かにあった建物が忽然と姿を消していたため、近隣住民に尋ねてみると、

「しばらくは中古物件として売りに出されとったんやけど、買い手がつかんかったんやろうね。4月の半ばくらいから取り壊しが始まった。あいさつに来た業者さんの話では新しく4LDKの家を建てて6千万円くらいで売りに出すんやって」

と教えてくれた。

すでに他人の手に渡ってしまっているとはいえ、籠池泰典・森友学園前理事長にとって家族との思い出の詰まったこの家への愛着はひとしおだったようで、更地となった自宅跡の写真を見せると、

「むごい」

とだけ漏らし、絶句してしまった。

・大阪市住之江区に所有していた土地建物は固定資産税滞納のため大阪市が公売を申し立て....
・保育園を経営していた社会福祉法人肇國舎は、所有している建物の賃借料未払いのため2018年7月13日、森友学園管財人により建物収去土地明渡請求の訴訟を起こされ....
・最後まで頑張ってた保育園も近日中に取り壊される。
スクリーンショット 2019-05-13 21.36.15

なにもかも奪われても誇りだけは奪えない

泰典氏は静かに語る。

「すべての資産を失いました。刑事事件の裁判が進行中のため働くこともままならず、夫婦とも収入はありません。差し押さえの可能性があるため年金の受給手続きもしていない。そもそも銀行口座も作れないんですよ。家内が近所の農協窓口で普通預金の口座開設をお願いしたところ、理由も明かさず断られたんです。弁護士先生は抗議してくれましたが暖簾に腕押しでした」
「物質的なもので私から奪えるものはもうありませんからね。やられっぱなしのままでいるつもりもありません。国家がこんな状態のままでいいはずがない。お役に立つためにもう一踏ん張りしなきゃならんなと感じる今日この頃です」

諄子氏は意気軒昂だった。

「家がなくなってしまったのはそりゃ悲しいけど、失ったものをいつまでも引きずってても仕方ない。今は前を向いて生きています。お金? そりゃお財布の中はいつも寂しいもんですよ。でもお金がなくても不思議と生きていけるもの。以前は値札なんか見ることなく買い物してたけど、今はスーパーで半額セールを狙う(笑)。先日は主人が山で採ってきたタケノコが食卓に並びました。この年になってこんな経験が出来るなんて感謝感謝。絶対に負けませんからね」

不思議なほど明るく語る。

3月6日に初公判が行われた2件の詐欺事案は5月29日より大阪地裁にて審理を再開。以降、7月中旬まで週二回のペースで証人尋問が行われる予定である。

籠池夫婦が悪くないとは言わないけど、
資産を全て奪われるほど悪いことをしたんだろうか?

「土地」と学校の「認可」がなければ、籠池氏が大きな負債を抱えることもなかった。

「土地」をタダ同然で売ったのは、国。「認可」したのは、大阪府。
アベ首相夫婦の存在がなければ、神風は吹かなかった。

もらった側だけが奪われ、与えた側はお咎めなしって、そりゃないだろ。


もう1つ言っておきたい。
事件が表面化しなければ、籠池夫婦は詐欺罪で訴えられてないと思う。


籠池夫婦は、何もかも奪われ、
近畿理財局の職員は、命を落とし、
造園会社の社長の不審死は、自殺とされた。


あともう1つ、変なことがあったな。
廃墟になった小学校で、見つかった死体。あれは何だったんだろう?
本当に自殺だったんだろうか?(フライデー


わからない事ばかり。まだ何も解明されてない。
特に大阪がブラックボックスのままだ。
真犯人は、未だ権力の上でやりたい放題してる。💢

これで幕引きなんて冗談じゃない。

3月に検察審査会は、背任容疑に対する大阪地検特捜部の「不起訴処分」に「不起訴不当」を出した。
森友はまだまだ終わらない。




...........................................................

検索したら、こんな情報が。

NHK 関西 NEWS WEB  10日 森友問題起訴求め地検に申し入れ
大阪地検特捜部は去年5月、森友学園をめぐる公文書の改ざんや、国有地の値引き売却で刑事告発されていた、財務省や近畿財務局の職員ら全員を不起訴にしました。
 
しかし、ことし3月、検察審査会が佐川宣寿元理財局長など10人について「不起訴不当」の議決をしたことから、起訴するかどうか改めて判断するために再捜査を進めています。
 
こうした中、告発を行った東京の市民団体や大阪の弁護士らでつくる団体が10日、特捜部の検事と面会し佐川氏らを起訴するよう申し入れました。
団体によりますと、検察審査会の議決が改ざんを公文書変造にあたると評価したことや、国有地の値引きの妥当性が検証されていないと指摘したことについて検事に意見を求めたということです。
 
これに対し、検事は具体的な回答を控え、「指摘されている点は再捜査する。適正に処理したい」と述べたということです。
 
申し入れを行った阪口徳雄弁護士は「国民の声ともいえる検察審査会の判断を尊重し捜査してほしい。私たちは最後まで起訴を求めて訴えていく」と話しています。

NHK関西だけで報道されたんだろうか?
こういうのも、全く話題にならなくなっちゃいましたね。( ;  ; )

でも私は決して忘れませんよ。