スクリーンショット 2019-07-16 18.27.26


全ての日本国民が、沖縄に無関心であっていいはずがないと思います。

辺野古新基地はいらないと沖縄の民意が示したのに、無意味な工事が延々と続けられています。
それがどういうことなのか、この映像を観て感じてください。



誰もが幸せにならない公共事業は、やめたほうがいい。
スクリーンショット 2019-07-16 18.38.00


スクリーンショット 2019-07-16 18.40.23


搬入出するダンプやタンクローリーの大きさに圧倒されます。
警備員の多さにも圧倒されます。
恐ろしいです。
これがキャンプシュワブゲート前の日常です。

想像してください。
もしこれが、あなたの近所で起きてることだとしたらどうですか?
嫌じゃないですか?
どうして嫌なことを沖縄に押し付けて眼をつぶるのですか?


デニー知事は、過去の知事による辺野古埋め立て工事の承認を撤回した。
一旦、工事は中断されたけれど、安倍政権は、姑息な手段で撤回を取り消させた。
そういう経緯を知って欲しい。

米軍は、辺野古基地の有用性を認めておらず、辺野古基地が完成しても、普天間が返還されるわけではありません。
他のいろいろな厳しい条件をクリアする必要があります。
そういう事実を知って欲しい。

そして、工事そのものも違法工事であることが濃厚であるとともに、軟弱地盤の改良工事ができるのかどうかもわからない。
工事費用がいくらかかるのかもわからない。
果たして工事が終わるのかどうかもわからない。

意味のないことに私たちの税金が湯水のように投入されていることを知って欲しい。

沖縄は、日本で唯一の陸上戦の地となり、膨大な犠牲を強いられた。
それでもまだ沖縄に犠牲を強いていることを考えてほしい。


今回の選挙で、沖縄の問題が大きな争点とならないのは何故なのか、そのことを考えてほしい。


テレビは、芸能スキャンダルやる代わりに、毎日この映像を流すべきだ。
毎日、今日のキャンプシュワブゲート前をやれ。
毎日、今日の埋め立て現場の土砂投入をやれ。
毎日、今日もまた辺野古の海が埋め立てられてるよと国民に知らせろ。

やらないのなら、テレビにジャーナリズムなんぞ無いということなのだ。