太郎
れいわ新選組の公式ページより 


そういう話を12日のれいわ祭りで太郎氏がしてて、それを田中龍作氏が記事にしたんだけど、街宣では語られなかった情報もあるので取り上げてみる。


田中龍作ジャーナル 12日 自民大臣経験者が山本太郎に激励のTEL 「頑張ってくれ」
 自民党の大臣経験者にして現役の国会議員が12日、れいわ新選組の選挙事務所に電話を掛けてきて、山本太郎を激励した。「頑張ってくれ」と。山本本人がこの日の街宣で明らかにした。

 感想を聞くと、山本は「グッと来た」と言って声を詰まらせた。そして続けた―

 「自民党の中にも良心があることは分かっていたが、電話を掛けてくるということは凄く勇気のいること」。

 財界や労働組合に頼らなくても市民がコントロールできる政治の受け皿作りを、山本は目指す。
  
 「プラットフォーム(受け皿)さえ作って、組織や企業の票じゃなくても勝てるってことが分かったとしたら、自民党からも移って来ると思いますよ」

 「自民党からも野党からもそういう気持ちがある人は移って来ると思う。これが機能したら面白くなるんじゃないかと思います」

 「政治を動かすのは一般の方々ってことです。本当に政治家の方々がこれで勝てるんだと分かった時には、本当に心ある人が集まってくる可能性はあると思う」。

 山本は「ゴリゴリの保守である」と自己分析する。「アジアに対する安全保障を声高に叫ぶよりも国民の生活と尊厳を守るのが真の保守」という思想だ。自民党の中に共感者がいても不思議ではない。

 「税金はない所から取るな。ある所から取れ」。持論のベースは明確な階級闘争である。共産党が引っ込めたものを、山本は表に引きずり出した。

 政治の受け皿ができれば、右も左も糾合できる。日本が経験したことのない「下からの革命」は、その時、現実のものとなる。

 すべては選挙結果しだいだ。

これなんですよ。
究極、政党なんてどうでもいいと私が言うのは、つまりこう言うこと。
既存政党の枠組みが、かなり邪魔っけなんですよ...って、選挙中にこんなこと言うと怒られちゃうかな。

でも、今の政治のシステムそのものがもう、腐ってるのですよ。
組織や企業が動かせる政党はあっても、庶民が動かせる政党がない。
(野党にもちゃんと支持団体がありますから)
選挙システムは、庶民が政治に介入するのを拒んでる。
選挙区で供託金300万円、比例区に出れば600万円必要。
それ以外にも、選挙にはめっちゃ金がかかる。

太郎氏は、庶民からの寄付だけで10人が立候補できるお金を集めた。
すでに3億を超えている。
こんなことが出来るのは、山本太郎ぐらいしかいない。(笑) 

一見、感情的に見えるけど、ちゃんと計算もしてるし視野も広い。
その上、懐も深いぞ!

私たちがコントロールできる政党を手に入れるチャンスなんですよ。
これを逃す手はないですよ。

しかし、自民党議員がれいわ新選組に移ってくるとなったら、太郎支持者から拒否反応が出そうで怖いですね。
でも、政権取るくらい大きくなるというのは、そういう事ですからね。
与野党から心ある人が集まるようにならないと、政権は取れません。
もしそうなったら、与野党ともにウカウカしてらんなくなる。
茶番をやってられなくなり、政治がめっちゃ面白くなりますよ。


ま、それはまだ先の話。
れいわ新選組が政党要件を満たさないと、何も始まらない。
まずはそこからですね。

メディアの下馬評では、0〜2名なんですと。
0って冗談じゃない。
2名だと、山本太郎は国会議員になれない。

庶民の底力を見せてやれ!
蓋を開けたら、あっと驚きの5人!
それを目指して頑張っております。あなたも良ければご一緒に。(^^)


メディアの鼻を明かしてやりたい! ( ̄‥ ̄)=3 フン