スクリーンショット 2019-07-30 10.54.59


 ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ


NHK 29日 シベリア抑留の戦没者とされた遺骨「すべて日本人ではない」
戦没者の遺骨を取り違えていた疑いが明らかになりました。終戦直後にシベリアに抑留されて亡くなった日本人のものとして厚生労働省の派遣団が5年前に収集し日本に帰還させた遺骨について、DNA鑑定をした専門家が「判別できた遺骨はすべて日本人ではない」とする鑑定結果を示していたことがNHKの取材で分かりました。

鑑定した専門家は厚生労働省の非公開の会議などで「間違って収集した遺骨はロシア側に返すべきだ」などと指摘していましたが、厚生労働省はこうした鑑定結果を現在まで公表していません。

旧ソビエトのシベリアなどに抑留された日本人のうちおよそ5万5000人が厳しい寒さの中で過酷な労働を強いられて亡くなったとされ、厚生労働省は平成3年度からロシア側から提供された埋葬者の記録などをもとにこれまでにおよそ2万2000人の遺骨を現地で収集し日本に帰還させています。

しかし5年前の平成26年8月、厚生労働省の派遣団が東シベリアのザバイカル地方で日本人のものとして収集し、すでに帰還させている16の遺骨について、厚生労働省からDNA鑑定を委託された専門家が「16の遺骨のうち判別できた14の遺骨はすべて日本人ではない」とする鑑定結果を示していたことがNHKの取材で分かりました。

NHKが入手した議事録などによりますとこうした鑑定結果は去年8月に開かれた厚生労働省の非公開の会議で報告され、その後、鑑定した専門家は「間違って日本人ではない遺骨を持ってきたことが分かっているのだから遺骨はロシア側に返すべきだ」などと指摘していましたが、厚生労働省はこうした鑑定結果を現在まで公表せず遺骨も返還していません。

関係者によりますと問題の遺骨が収集された現場は主にロシア人が埋葬されている共同墓地の一角にあり、派遣団はロシア政府から提供された地図や現地住民の証言などを根拠に埋葬場所を特定していたということで、現場に日本人の遺骨かどうかを判断する日本側の鑑定人は同行していませんでした。...以下略....
続きはリンク先で呼んでください。長いけど読んでください。


つまり。。

平成3年度から、2万2千人の遺体を日本に帰還させてるけど、この時なぜか日本側の鑑定人を同行させなかった。

平成26年に2万2千人の遺体のうち16遺体をDNA鑑定。
判別できた14遺体は全て、日本人のものではないとの結果。

鑑定結果は、昨年8月の厚労省の非公開会議で報告された。

厚労省は、間違って持ち帰った遺骨の返還もせず、鑑定結果も現在まで公開せず。


いやこれ、最初からオカシイでしょ。どうして鑑定人を同行しないのか?💢
お金がなかったわけじゃないでしょ、これだけの予算が組まれてるんだから。
戦没者遺骨収集事業とは
第2次世界大戦で戦死した日本人の遺骨収集事業は昭和27年度から始まりました。国内外の戦地のほか、シベリアなどに抑留されて亡くなったおよそ240万人のうちいまも半数近い112万人の遺骨が残されたままになっています。遺族の高齢化が進む中、3年前、戦没者の遺骨収集は国の責務と明確に位置づけた法律が成立し、2024年度までに遺骨収集を集中的に進めるとしていて今年度はおよそ23億6000万円の予算が計上されています。

(予算額)
今年度 23億6100万円
平成30年度 23億8000万円
平成29年度 24億4300万円
平成28年度 23億1300万円
平成27年度 17億2500万円
平成26年度 15億7600万円

もしかして、遺骨収集事業まで利権に食い荒らされてるんじゃないでしょうね?
もしそうだったら、マジで罰当たりな話ですよ!



耳を疑うようなニュースばかりで、本当に嫌になる。
そういうのが日常化してる。恐ろしい事だ。