スクリーンショット 2019-09-18 21.02.43



安田 陽 : 京都大学大学院特任教授の苦言。これはいい記事。 

東洋経済オンライン 18日 千葉の停電は「的外れな議論」が多すぎる 県や政府に「危機管理」の意識が欠如していた 
台風15号による停電が長期化している問題で、電力会社による情報提供のあり方が批判を招いている。

送配電事業を担う東京電力パワーグリッドは当初、2日程度で停電を解消できるとの見通しを示したが、その後、おおむね1週間、さらには2週間へと見通しを変更した。そうした中で、千葉県知事やマスメディアなどから、東電の「想定の甘さ」を指摘する声が相次いだ。

千葉県や国の対応は遅すぎた

しかし、問題とすべきは「見通しの甘さ」ではない。大規模災害の場合、被災状況の正確な把握自体がそもそも困難であり、情報の欠損や情報提供の遅延は当然起こりうる。東電の責任だけを追及しても得るものはあまりない。

大規模災害時には、正確な情報を得られず不確実性がある中で、意思決定をしていかなければならない。これが「クライシスマネジメント」(最悪の状態を想定した危機管理)の考え方だ。むしろ、国や地方自治体にクライシスマネジメントが欠如していたことこそ問題にすべきだ。

その一例が、行政による対策本部設置の遅さだ千葉県が災害対策本部を設置したのは、大規模停電発生から丸1日以上が過ぎた9月10日午前9時のことだった。経済産業省停電被害対策本部の設置は13日政府全体災害対策本部に至っては17日現在も設置されていない

対策本部設置以前からさまざまな取り組みが続けられていたはずだが、大規模災害では電力のみならず、医療や食料の提供、避難場所の確保などさまざまな課題があり、政府や都道府県による対策本部を速やかに設置し、意思決定・情報発信していくことが必要だ。

その際、クライシスマネジメントの中枢を担うのも、電力会社などの民間企業ではなく、国や都道府県である。しかし、今回の災害では、対策の多くが電力会社任せにされている。....

以下、リンク先でお読み下さい。

以前に書いた、アベ政権は最悪を想定して対処することをしないという話。
まさにそれと合致する話です。
この政府は、最悪を想定できなかった(過失)じゃなくて、最悪を想定しないんですよ。
もともと、国民を助ける気がないの。

そしてただいま政府は、全力で東電のせいにしてま〜す。

東京新聞 17日 東電の対応遅れを批判 千葉の大停電で世耕前経産相 
 前経済産業相の世耕弘成・参院自民幹事長は17日の記者会見で、台風15号による被害の深刻化について「残念ながら東京電力は(きめ細かな復旧予測が出せる)状況に至っていなかったのではないか」と述べ、対応の遅れを批判した。経産相として昨秋、大阪を中心に被害が出た台風21号の対応に当たったことを引き合いに、「同じことは去年、関西でも起きている。(当時)教訓をしっかり各電力事業者で共有するよう指導した」とも述べ、経験が生かされていないとの考えを示した。

 また、発災の中での内閣改造に野党から批判が出ている点には、「組閣が影響したということは全くない。私も大臣としての職務を果たせるギリギリまで電力事業者に指示を出し続けた」と語った。(鬼原民幸)

これだけの大きな災害になって、今だに電気が来ない人が大勢いて、
強風で吹き飛んだ屋根に大雨で、湿気でカビだらけになり、もう相当にボロボロ状態なのに、まだ災害対策本部も設置しない。
熱中症で死んだ人3名。屋根のビニールシート張りで転落してけが人多数。死者も出たとか。
 
電力事業者に指示を出せば、政府の仕事は終わりなのか?
で、うまくいかなかったら全て、民間のせいなのか? 安い仕事だねぇ。

国民の命と財産を守る気は、無いのでしょう。
どうしてこんなヤツらに国を任せてるんでしょうか、わたしたち。💢


多分それは倒木の多さでは無いだろうか。
大阪に比べて道幅も狭いので、災害対応車が通れない。
それで、東電は見通しを謝ったのでは?