稲葉剛公式サイト 21日 台東区の避難所問題。当事者への謝罪と検証・改善を求める要望書を提出。
台風19号が関東地方に襲来した10月12日、東京都台東区の自主避難所で路上生活者が受け入れを拒否されるという事件が発生しました。

東京の東部地域で生活困窮者支援活動を展開している一般社団法人「あじいる」は、本日(21日)、台東区に要望書を提出しました。
要望書

要望書には多数の団体や個人が賛同をしています。

私は要望書の作成段階から「あじいる」に協力し、賛同者として本日の要望書提出にも同行させていただきました。

その後、開催された台東区議会決算特別委員会の冒頭、台東区長は改めて「台風19号の際に、路上生活者の方に対する対応が不十分であり、避難できず、不安な夜を過ごされた方がおられたことにつきましては、大変申し訳ありませんでした」と陳謝しました。

しかし、要望書にもあるように、住まいのない人を拒否するという判断は「不十分」というレベルで済む話ではなく、台東区災害対策本部によって組織的に決定されたものです。このような決定が行われたプロセスを明らかにし、排除された当事者に届く形で謝罪をしていただきたいと願っています。

また、再発防止のため、今後の災害対策において災害対策基本法の理念を遵守し、当事者・支援団体の意見を聞くこと、生活保護を含めた日常業務を検証・改善し、職員への人権研修を実施すること等も求めています。詳しくは下記の要望書全文をご覧ください。

「あじいる」は、10月末までの回答を求めています。引き続き、この問題へのご注目をお願いします。
スクリーンショット 2019-10-21 15.50.27

続きはリンク先でお読み下さい。


行政がホームレスを同じ人間として認めてないという話なんですよ。
避難所から排除して、どうやって命を守る行動をしろと言うのか?
本当にこの国の行政はどうなってるのかという気持ちです。

それと同様に、国民の中にもホームレスの人々を排除したい人がいる事をネットの書き込みで知りました。
(お風呂に入ってないから)臭いとかそういう理由です。
背筋が冷たくなりました。

少し想像を巡らせて欲しいと思います。
今は不自由しない暮らしをしてても、人間なんていつなんどきどんなきっかけで、貧乏のどん底に落ちるかわかりません。
特に今のように、政府が貧困対策をせずに緊縮を押し進める状態では、いつ経済的困窮者になるかわかりません。

避難所入りを断られたホームレスの姿は、未来のあなたかも知れませんよ?


こういう行政の対応にはキッチリNOを突きつけることが大切です。
いざという時のセーフィティネットは、丈夫な方がいいに決まってるじゃないですか。


自分や愛する人たちのためにも。