天皇の政治利用懸念



東京新聞2
 

デジタル版は会員限定記事で冒頭部分しか読めませんが、取り敢えず。

東京新聞 22日 「天皇の政治利用」懸念 首相、代替わり絡め改憲意欲
 二十二日に即位礼正殿の儀が行われ、天皇陛下即位に伴う一連の行事の節目を迎える。安倍晋三首相は代替わりに絡めて、今後の政権運営や改憲への意欲を語っている。しかし、首相の手法に対しては、天皇は国政に関する権能を持たないと定める憲法の趣旨に反し「天皇の政治利用」になりかねないと指摘する意見も強い。 (関口克己)

新元号発表から「即位の礼」まで、アベ政権のやり方は、天皇の政治利用としか私には思えない。
マスコミが何かにつけて「アベ首相が〜」と囃し立て、誰か主役なのか分からない。
皇室の行事に公金を使いすぎてるとも思う。

特にアベ首相の「バンザイ」は、勘弁して欲しかった。
戦前回帰をイメージしてしまう。
国民を疎かにし、被災地を無視し、軍事増強に突っ走るアベ政権がやるからこその嫌悪なのだ。