スクリーンショット 2019-11-02 18.25.28


Yahoo!ニュース 1日 「新テスト」記述式問題採点をベネッセグループが落札。1民間企業に頼り切りの大学入試改革でいいのか? 
8月30日、大学入試改革「新テスト」の記述式問題の採点業務をベネッセが落札したというニュースが話題になった。誰もが予想していたことであり、驚きはしないのだが、こうなることが半ばわかっていたからこそ「本当にこのまま改革を進めていいのか」と疑問の声が以前からあったのだ。

落札額は約61億6000万円と報道されている。その額が多いとみるか少ないとみるかはわからないが、問題はそこではない。

これで、記述式問題の採点、英語民間試験の実質的に数少ない選択肢の1つであるGTEC、今後大きな話題になるであろうeポートフォリオという、大学入試改革の目玉のすべてにベネッセが大きく関わることになる大学入試改革受託業者と呼んでも過言ではない。

一方でベネッセは、全国の高校に模試や教材を営業している。大学入試改革の混乱のなかで、現場の教員たちは、もっともたしかな情報を握っているであろうベネッセの営業マンのいいなりになるしかない。「ベネッセの模試や教材を導入しないことで、生徒たちになんらかの不利益があってはいけないから」という理由でベネッセを選択せざるを得ないと嘆く地方公立高校の教員の証言はすでに複数ある。

今回の落札はリスクも大きいものだ。ベネッセにとって直接的においしい落札かというと必ずしもそうではない。大きな批判を浴びることが予測されるが、それでもやらざるを得ない状況なのだろう。むしろ丸投げされているようにも見える。それによって得られる特権的立場を悪用しようという意図も、少なくとも担当者レベルではないだろう。

でもその看板を背負った営業マンが全国の高校に模試や教材を売りつけに来るという構造は、独禁法的な観点からいびつではないだろうか。ベネッセが国のために一肌脱いで、大学入試改革に徹底的にコミットするというのならそれはそれでいい。ならば今後ベネッセは高校への営業活動を自粛してはいかがだろう。現実的にはそれは無理でも、ベネッセには企業として非常に高い倫理観が求められ、社会からは厳しい視線が注がれることになるだろう。

「明治以来の大改革」とまで喧伝されて始まった、国を挙げての大学入試改革が、結局1民間企業におんぶに抱っこの形で進められている現実を、われわれはどう受け止めればいいのだろうか。これは結局、大学入試制度の公設民営化の話だったというのか。......
続きはリンク先でどうぞ。


「疑問の声は以前からあった」というけど、マスコミ(特にテレビ)は大きく取り上げなかったですよね。
だから、一般人の知るところとならなかった....

いやまじで、独禁法に抵触しそうな状況じゃないですか!?
どうしてこんなことを、文科省がゴリ押ししてんですか?
まるで利益相反。汚職臭がプンプンしてくるんですけど。(▼皿▼#)

民営の力を借りてというより、まるで入試の民営化だろ。
結局、政府は入試まで商売にしてしまったって話じゃないの?💢


諸悪の根源は、アベ氏の「教育再生実行会議 」?
スクリーンショット 2019-11-02 21.07.55





酷い....入試のクオリティがだだ下がりになりそう。




>>>>>> 関連情報







>>>>>> 本文に直接関係ないけど、こういう情報も。

奨学金詐欺
ひでーよなぁ、コレ。
学生をローン地獄に落とす、奨学金詐欺! こんな政府でいいのか?


いつも「責任は私にある」とだけ言ってれば済むなら、総理大臣なんていらねーよ💢
しかし大手メディアはそこを攻めた試しがない。

政権に近い人の汚職疑惑は報道されなくなる。
毎日の記事はどうして消えてるのか?
しかし、記事が消えることは実は珍しくない。(私は何度も遭遇してる)