千葉県、末期症状。(; ꒪֊꒪)

千葉


NHK 22日 千葉県の危機管理部門 気象庁の会見を把握せず 台風15号
千葉県の広い範囲に大きな被害をもたらした9月の台風15号で、県の対応を検証する有識者の会議が22日に開かれました。会議では、台風の前日に気象庁が厳重な警戒を呼びかけた会見の内容を県の危機管理部門が正確に把握していなかったことが明らかになりました。

9月の台風15号で千葉県では多くの建物が損壊し、大規模な停電が長期間続くなど大きな被害が出ましたが、森田知事の行動や県の災害対応に問題があったと指摘されています。

これを受けて、危機管理の専門家など有識者が県の対応を検証する会議の初会合が22日、県庁などで開かれました。

この中で県の担当者は、台風が直撃する前日に気象庁が「記録的な暴風となるおそれがある」として厳重な警戒を呼びかけた会見を県の危機管理部門の幹部が見ていなかったことや職員から特段の報告もなかったため内容を正確に把握しておらず、「災害警戒体制」をとっていなかったことを明らかにしました。

また、災害対策本部が設置された9月10日に森田知事が県庁を離れ自宅の周辺を私的に視察していたと説明していることについて、委員からは「県庁で指示を出すべきだった」という意見が出ていました。

会議の座長を務める東京経済大学の吉井博明名誉教授は「危機感がなく森田知事が外に出たのは決定的なミスだ。今回を教訓とできるよう検証していきたい」と話していました。

危機管理部門が、気象庁の改憲を把握してなかったぁ...??

いやいや、フツーでは考えられんよ。本当でしょうか?
というか、そういうのって気象庁から地方自治体へ連絡したりしないもんなんでしょうか?

謎です。
本当に知らなかったとしたら、相当にヤバイ。
危機管理部門より、お茶の間のみなさんの方が、良く知ってることになる。(; ꒪֊꒪)










日本って崩壊しつつありますよ。