明日ですね。伊藤詩織さんが山口敬之氏を訴えた裁判で、東京地裁の判決が出ます。
司法がどんな判断を下すのか、注目しましょう!


山口敬之のコピー

総理


山口敬之の逮捕は直前で握りつぶされた。
握り潰した当時の刑事部長・中村格は、スガ官房長官と親密な間柄。
山口敬之は「総理」というアベ総理ヨイショ本を書いた人。
リテラによれば、アベさんは山口敬之の披露宴に出席してたという。

この本の発売日がなんとも言えない。
逮捕が握り潰され警察が書類送検したあと、検察が不起訴にする間に発売されている。
発売日の13日後は参院選の公示日で、投票日のその日の新聞に「総理」の宣伝広告がデカデカと掲載された。
この時はまだ山口敬之は、不起訴になってない。
アベさんは、そんな人の書いた本を選挙に利用したのだ。
新聞広告

普通の総理大臣なら、レイプの噂がある人の本は差し止めるでしょう。
まるで不起訴になるのを知ってたみたい。(詳細は当ブログ3月30日で)

こういう所まで、国民はキッチリ認識して欲しいもの。
けれど、この事件のことすら知らない人が多いのでは?
かつての私がそうだったように.....