逮捕された男性は昨年のデモにも参加していて、公安に目をつけられていたようです。
スクリーンショット 2020-01-16 18.10.36


 安倍政権を批判するデモや抗議活動で、警察が不当逮捕や違法な排除行動を繰り返していることはわかっていたが、まさかここまでやり口がエスカレートしているとは……。(リテラ)


簡単に経緯を説明する。

9日にTBSが〈「対レイシスト行動集団」メンバー、“車庫飛ばし”で逮捕〉というニュースを報じた。
〈右派系市民団体のデモへの抗議を繰り返す「レイシストをしばき隊」、現在の「対レイシスト行動集団」のメンバーの男が、所有するワゴン車の登録地を偽って申請したとして警視庁に逮捕されました〉として、実名と顔が報道された。

いわゆる「車庫飛ばし」というやつで、こんな微罪で逮捕され、実名や顔までデレビで晒されるということは、普通はあり得ない。
しかも男性は「レイシストをしばき隊」でも、その後継団体「対レイシスト行動集団(C.R.A.C)」のメンバーでもなく、個人で反差別などのカウンター行動や抗議デモなどに参加していたことが判明。

要するに、言いがかりのような微罪で誤認逮捕し、TBSに情報をリークして報道させたのだ。
1月12日の”安倍やめろ”デモに圧力をかけるのが目的だったらしい。
この件は産経新聞(ウェブ版「産経ニュース」9日)と読売新聞(10日東京朝刊)も実名報道されたようです。
産経や読売はわかるけど、TBSもネトウヨなんですかねぇ?
まぁTBSは警察方面とズブズブ感ありますけどね。(警察による制圧死報道せず

詳細はリテラの2つの記事を読んでください。


リテラ 14日 警視庁の「しばき隊メンバー」逮捕は“安倍やめろデモ”潰しだった! 実家に車庫登録しただけで逮捕し実名報道、TBSは身柄移送映像を放送
..... 警察のこうした狙い撃ち、微罪でっち上げ捜査は以前からだが、第二次安倍政権になって以降、警察という組織は“政権の親衛隊”“安倍首相の秘密警察”のような性格を強めている。昨年7月の参院選時には、北海道札幌市で安倍首相の街頭演説中に「安倍やめろ!」とヤジを飛ばした男性が警察に強制排除されたり、滋賀県大津市の街頭演説でも安倍首相が登場する前から「安倍やめろ」と声をあげていた男性が警察によって会場端のフェンスに押しやられたという事件が相次いだ。

 さらに、今回の事件をみるに、警察はいまや「政権批判する者」を事前に取り締まり、拘束するという段階まで来ているということだろう。これはほとんど戦前の言論弾圧と変わりがないではないか。....

.... 政権を批判するどころか、政権の私兵となった公安のリークや発表を無批判に垂れ流し、反差別の市民運動や、民主主義国家として当たり前の政権批判の萎縮に加担したTBS、読売、産経。他社や他局にしても、こうした公安発の報道を検証・批判する動きはない。

 その意味ではマスコミも“共犯”だ。政府が国民を騙しながら批判者を締めつけ、メディアが戦争を煽ったあの時代に、この国は確実に戻りつつある。....

さらにこちらでは↓逮捕された男性に話を聞いている。

リテラ 15日 警視庁公安部が「しばき隊」と誤認・微罪逮捕した男性が明かす取り調べの中身!「どの政党がついているのかと尋問され…」
.... Mさんに起きたことは、決して他人事ではない。何度でも言うが、公安をはじめとする警察組織はいま、どんどん“安倍首相の私兵”のような性格を強めている。政権への抗議デモに参加したり、SNSで政権批判の声をあげただけで、当局から取り締まりの候補にされてしまうのだ。

 しかし、だからといって萎縮してしまえば、それこそ安倍政権の思う壺だ。ひとりひとりが声を大にして、おかしいものはおかしいと言う。そして、当局の虚偽宣伝に乗っかってフェイクを垂れ流したマスコミを強く批判し、目を覚めさせる必要がある。でなければ、同じような警察権の悪用が何度でも繰り返されてしまうからだ。これ以上、安倍首相に権力を私物化させてはならない。....

日本は民主主義国家のはずだ。
デモへの参加は個人の自由で、警察組織が弾圧目的で別件逮捕して良いはずがない。

これではまるで、中国のようじゃないですか。
このまま放置してるとそのうち日本も、香港のようになってしまいますよ。

ああ、嫌だ。 お そ ろ し い (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 


止めたければ、選挙で自民や公明以外に投票すればいいのです。(維新もやめとけ)
簡単ですよ。