ずっと、どうして大学の授業料が異様に高騰したのか不思議だったけど、
もしこれが本当だとしたら、自民党は相当に悪質である!


内田樹
京都民放WEB 20日 【2・2京都市長選】思想家・内田樹氏が応援「市独自の給付制奨学金、高等教育無償化の要求、福山候補の公約に注目を」
 京都市長選(2月2日投票)で「つなぐ京都2020」の福山和人候補応援のため、思想家の内田樹・神戸女学院大学名誉教授が20日、京都入りし、京都市左京区の京都大学前で街頭宣伝に立ち、支持を訴えました。 

 内田氏は、福山候補の公約の中で注目してほしいものとして、▽高等教育無償化を国に求める▽市独自の給付制奨学金―を紹介。現在の国公立大学の年間授業料が約54万円であるのに対し、自身が大学に入学した1970年は1万2000円で、「時給500円の学習塾アルバイトを2時間すれば1カ月の授業料がまかなえた」と話しました。低額な授業料のおかげで、親子で進学をめぐって対立したとしても、「自分で(学費を)払う」と望む進路を選ぶことができたと強調し、「進路選択において学生に自己決定権があった。自分自身が何をすべきか自己決定できるということは市民的成熟にとって本当に大事なこと」と述べました。

 国の財政には余裕があったことから、1970年代以降の授業料高騰は、財政的な理由ではなく、学生がこうした「自己決定権」を持つことが学生運動の隆盛につながっていると考えた為政者による政治的なものだったと述べ、京都市長選について、「候補者の中で、学生の精神の自由、行動の自由、思想の自由を本当に考えている候補者は誰か。誰が君たちの味方なのかよく考えて投票してほしい」と呼びかけました。

 内田氏は、この日、同志社大学(上京区)前でも福山候補とともに街頭宣伝を行いました。

60年代安保闘争をはじめとし、70年代ぐらいまでは学生運動が盛んだったと認識してるが、wikiを見ると20年代から学生運動は盛んに行われていた。
昔の学生は決して今のように政治に無関心ではなかったのね。

為政者の保身のため意図的に学費を上げ、政治に無関心な国民を量産したのだとしたら、許し難いことだ。💢

文科省のページより
スクリーンショット 2020-01-21 18.20.12
昭和50年(2075年)と平成17年(2005年)を比較して、国立の授業料が約15倍、入学料が5.6倍!
とても自然上昇とは思えない。
ガベージニュースから、消費者物価指数を考慮したグラフ
大学授業料
70年代半ばくらいに一度下がってから、ギューンと上がってる。尋常じゃない。(@_@)


授業料を高騰させて、払えないから「奨学金」という名前の「学費ローン」に追い込んで、社会人1年生から返済に追われ、やっと払い終えたと思ったら今度は我が子のローンが始まるという地獄。
その前にお金がなくて結婚できない人も多いから、日本は滅びるね。
少子高齢化が叫ばれる中で、代々自民党政権はいったい何をやって来たのだろう?💢

4月から始まる「高等教育無償化」というヤツ、「大学無償化」では全くありません。
そう書き立てたメディアには謝罪してもらいたい。

現在、各大学が行っている授業料減免についても、新制度が施行された後は、減免基準が下がり、現行では支援対象となってきた学生が支援を受けられなくなる可能性があります。

 基本的な対象となる条件は、
 ・家族4人で世帯年収270万円以下
 ・高校卒業後(若しくは高卒認定試験合格後)2年以内

4人家族で年収270万円って、暮らしていけませんよ!すごい狭き門!
そもそも「高等教育無償化」でもなくて「大学等修学支援法」であり、支援を受けられる場合も一部支援の場合も多い。

なのに安倍晋三は今年の施政方針演説でもヘーキで「高等教育無償化」と述べている。
どんだけ嘘つきなんだよ、コイツ!💢
そして奨学金という文字はただの1回も出てこない。
少子化の「少子」はたった2回だけ。
それも、こんなことを言ってるのだから、分かってないでしょ。
 女性も男性も、若者もお年寄りも、障害や難病のある方も、更には一度失敗した方も、誰もが多様性を認め合いその個性を活かすことができる社会、思う存分その能力を発揮できる社会を創る。一億総活躍社会の実現こそが、まさに少子高齢化を克服する鍵であります。
なに言ってんだろうね、この人。
大切なのは賃金アップと、出産&子育て支援でしょーが。💢





法案成立当時の共同通信(共同通信だけじゃないけど)
この国のメディア、ヘーキでデマを垂れ流す。