昨日の首相茶番会見を見逃した方は、首相官邸のページでご覧になれます♪
動画と文字起こしがあります。
BlogPaint

冒頭発言で、ポエム(精神主義的な部分)と、報道により周知の部分、具体性のないダラダラ水増し部分をカットしてみます。(質疑応答は、ほぼ質問に答えてないので割愛)()内は私のツッコミ

........................................................................................................
 新型コロナウイルス感染症に関する特別措置法の改正案が昨日、成立いたしました。これにより、今後、万が一、緊急事態に至ったと判断した場合、この法律に基づいて、蔓(まん)延の防止と社会機能の維持のため、様々な措置を取ることが可能となります。

 様々な私権を制限することとなる緊急事態の判断に当たっては、専門家の御意見も伺いながら、慎重な判断を行っていく考えであります。
(一斉休校は専門家も知らんかったよなぁ) 

 WHO(世界保健機関)が今週、パンデミックを宣言しましたが、人口1万人当たりの感染者数を比べると、我が国は0.06人にとどまっており、韓国、中国のほか、イタリアを始め、欧州では13か国、イランなど中東3か国よりも少ないレベルに抑えることができています。こうした状況を踏まえれば、現時点で緊急事態を宣言する状況ではないと判断しています。
(他国と比べて検査数が桁違いに少ないのだから、感染者数が少ないのは当たり前でしょうが💢) 

 前回の会見で申し上げたように、....専門家の皆さんの見解が示されてから2週間余りが経過しました。そして、現時点では爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度、持ちこたえているのではないかというのが専門家の皆さんの評価です。
(専門家は、一体何を根拠にいってるのか?)

 これまでのデータでは感染が確認され、かつ、症状のある人の80パーセントが軽症です。重症化した人でも半数ほどの人は回復しています。クルーズ船も含めれば、感染者の4割以上、600人に及ぶ方々が既に回復し、退院しておられます。他方、お亡くなりになった方は、高齢者の皆さんや基礎疾患のある方に集中しています
 今週から全国の高齢者介護施設などへのマスク配布を順次スタートしていますが、こうした皆さんの感染予防に一層、取り組む必要があります。そして、重症化を防ぐための対策に、検査や医療の支援を集中していくことが重要だと考えています。 
(これでいくと、20%が重症化し10%が回復してないことになるんだが? (;´д`))
(驚いたことに、高齢者基礎疾患の人に言及した部分って、これだけしかない。)

 感染力に関しても、これまで感染が確認された方のうち、約8割の方は他の人に感染させていません。つまり、人から人へ、次から次に感染が広がるわけではありません。
(?? 他の人に感染させてるかどうか検査しないと分からんやろ。人から人へ感染してますけど....何を言ってるんだ!?)

 小さなお子さんたちの居場所作り、仕事を休まざるを得なくなった保護者の皆さんへの手当、給食の休止により、困難に直面する調理業者や酪農家の方々に対する支援。学校休校に伴って生じる、こうした様々な課題への対応を、今週決定した第2弾となる緊急対応策に盛り込みました。

 現下の困難な状況を乗り越えていただくため、雇用調整助成金を全業種で活用いただけるようにしました。そして、これまでの前例に捉われることなく、実質、無利子・無担保の強力な資金繰り対策を全国規模で実施することとしました。既に発生している債務についても返済猶予など、条件変更に迅速かつ柔軟に対応するよう、民間金融機関に要請しています。
(無利子・無担保の金貸しを、何を自慢してるんだよ?)

 年度末が迫る中、4,300億円の財政措置と、1.6兆円の金融措置によって、万全を期してまいります。
(何にどう使うんだか?具体性がない)

 制度が使いにくいなど、何か運用に不手際がありましたら、全国に1,000か所を超える相談窓口を設けておりますので、是非その声をお寄せください。

 景気悪化への懸念が高まる中で、生活に不安を感じておられる皆さんへの当面の対策も講じる考えです。
(だから具体性がないって)

 現在は、あくまで感染拡大の防止が最優先でありますが、その後には、日本経済を再び確かな成長軌道へと戻し、皆さんの活気あふれる笑顔を取り戻すため、一気呵成(いっきかせい)に、これまでにない発想で、思い切った措置を講じてまいります。その具体的な方策を、地域経済の実情を十分に踏まえながら、政府与党の総力を挙げて練り上げてまいります。
(これから考えるんかよ?💢)

 PCR検査については、各種の取組により、現時点で、前回会見したときよりも50パーセント多い、1日当たり6,000件を超える確かな検査を行うことが可能となっています。短時間で検査ができる簡易検査機器の開発も順調に進んでおり、一部については、今月中に利用を開始できる見込みとなりました。民間検査機関における設備導入を支援することで、一層の能力増強にも努めます。

 こうした取組を通じて、今月中には、1日当たり8,000件まで検査能力が増強できる見込みです。これを活用して、いわゆるクラスターと呼ばれる集団による感染の早期発見・早期対応に努めるとともに、患者の早期診断につなげ、重症化予防に取り組んでまいります。
(1日6000件だの8000件だのいうけど、実施してるのは1日1000件前後。それに韓国は1日3万件可能なんだよ!) 

 緊急時に備えた医療提供体制の整備も急務です。全国で感染症指定医療機関の病床を更に積み増すことで、既に1万2,000床以上の空き病床を確保しました。重症者の治療に必要となる人工呼吸器についても現時点で3,000個を確保しており、予算措置を講じ、更なる整備に取り組んでまいります。
(たったそれだけ?( ̄△ ̄;))

 繰り返しになりますが、今、私たちにできることは、まず感染の爆発的な拡大を抑えることです。そうすることで、全ての重症者に適切な医療を施すことが可能となり、いわゆる医療崩壊を避けることができます。そして、感染のピークをできるだけ後ろに遅らせることです。そうすることで、治療薬などが開発されるまでの時間稼ぎが可能となります。
(検査をしないことにより、見た目の感染件数を抑えてるだけじゃねーの?)

 クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号については、明日、全ての乗客・乗員への検疫対応が終了します。
 
 私からは以上であります。
........................................................................................................
ポエムと水増し除いたら、半分くらいかしらねー。(笑) 


質疑応答については、どうもね。今回、内閣広報官が会見を終わろうとするのに、アベさんがいや、まあ、いいんじゃない。と言って記者からの質問を受けたあたり、ヒジョーにシナリオ臭いなぁと、ひねくれ者の私は思うわけでーす。(笑) 
そこからプラス3人の質問を受けて、まだ記者が質問があるというのに打ち切った。
このあと自宅に直帰して来客もなかったのだから、もっと続けることはできたのよね。

3月14日首相動静
 午後6時1分から同53分まで、記者会見。
 午後6時59分、官邸発。
 午後7時14分、私邸着。
 午後10時現在、私邸。来客なし。

今回もアベちゃんの冒頭演説(原稿音読)は20分。(スピーチライターのプロ仕事w)
質疑応答が33分で、演説<質疑応答でやってる感演出。

私が一番許せないのはここ!

「人口1万人当たりの感染者数を比べると、我が国は0.06人にとどまっており、韓国、中国のほか、イタリアを始め、欧州では13か国、イランなど中東3か国よりも少ないレベルに抑えることができています」


そらあんた、他国と検査数が桁違いに少ないのだから、感染者数が少ないの当たり前だわ。
感染者数を少なく見せるために、わざと検査しないんじゃないかと疑われてる。💢
記者さんには、ここに突っ込んで欲しかったのに、だぁれもしてくんないの。

あと、消費税減税について質問したの海外メディア、フリーランスの休業補償についてはどこの記者かわかんない。(記者会所属ではなさそうよね)

総じて、うどんの窯のような記者会見でした。Ω\ζ°)チーン





◯ アベ首相茶番会見