”汚れ役”のこたつ先生がこんな事を言ってるので、ファクトチェックしてみました。
毎日新聞3月28日
望ましい緊急経済対策は「消費税率を引き下げる」が43・4%でトップ。現金給付32・6%、商品券給付17・8%と続いた。

報道ステーション3月
スクリーンショット 2020-07-26 6.25.47

JX通信社 東京都内世論調査3月16日
景気対策としての消費減税に「賛成する」57.2%

新型コロナウイルスを巡っては、経済への深刻な影響を懸念し、大規模な景気対策を求める意見が相次いでいる。この一環で、与党内からは消費税の減税に踏み込むべきとの意見も出ている。これを受けて、今回の調査では景気対策としての消費税減税に賛成するか否かを聞いた。その結果「強く賛成する」「どちらかと言えば賛成する」とした人は合わせて57.2%だった。対して「どちらかと言えば反対する」「強く反対する」とした人は30.0%だった。「どちらとも言えない、わからない」とした人は12.9%だった。本調査は都民に限定した調査ではあるものの、景気対策としての消費減税については概ね肯定的に捉えられていることが分かった。

共同通信3月28日
 共同通信社の世論調査によると、新型コロナウイルス感染拡大を巡り、望ましい緊急経済対策について尋ねたところ、消費税率を引き下げるが43.4%でトップだった。現金給付32.6%、商品券給付17.8%と続いた。

4月以降は検索に引っかかりません。
コロナについてがメインになって、消費税の質問をしてないと思われます。
しかしながら3月で既に「税賛成>反対」の結果が出ています。
確か昨年の消費税増税前の世論調査では「税賛成>反対」になっており、驚いたのを記憶してますので、国民の消費税に対する気持ちは4月には既に反転しており、機運は高まっていると言えるでしょう。
さらにコロナ以降、野党だけでなく与党の中にも消費減税を訴える議員さんが増大してます。
ですからこたつ先生の「コロナ危機以後のあらゆる世論調査をみても、消費減税の機運はまったく高まっていません。」というのは、まったく当たらないと思います。

「消費税減税や廃止の訴えは、すでに支持している層向けにしかなっていません。」ともおっしゃってますが、4月以降消費税についての調査がないのに何を根拠に言ってるのか全くわかりません。
独自に何か調査されてるのでしたら、公開して欲しいですよね。(^^)





  脱法・売国・棄民政権  

もはやツイッター民の常識「内閣広報室の中の人は電通」

その役を担える政党があるのかと問われると....ない。(ーー;)

この人、どこ行った?

この人も時々ちょろっとぶら下がりする以外は、お隠れ中。

https://youtu.be/m5lKxFY4DSM
この人たちみんな、国民の税金で暮らしてます。
国会開催するだけで、とてつもない税金が消費されます。






  知るべき  


そうね。立て付けはそれでいい。
けど、それだけじゃどうして植松だけが実行に移したか説明できない。
彼は激昂していた。
何に?
命の尊さを声高に叫ぶくせに、それを預かる人たちを低賃金のまま放置する社会の偽善や欺瞞に?
命は尊いといいながら、所詮は他人事の社会に?
はたまた、生産性で人を切り捨てるなら、低賃金の自分も切り捨てられる側だと怯えたのかな。
そこに何か激しい感情がある。
そして彼が介護職でなければ、大量殺人に至ってないだろう。





  インパール・コロナ2020  


こういうのを今の政権は放置してる。
植松のような事件が起きないか、とても心配。





  検査難民  








  新型コロナ  


(((( ;゚д゚)))アワワワワ









  クソメディア・プロパガンダ・言論統制  



言論弾圧は決して香港だけの風景じゃない。
たった30名程度の「オリンピック粉砕デモ」に私服公安100人近く、加えて所轄の制服警官と機動隊員が多数。
これが言論弾圧じゃなくて何だろう?
スレッドも参考に。


テレ朝「報ステ」
このツイートが1月7日だけど、確か昨日テレ朝が民放労連から抜けたと....

テレビ朝日労働組合が民放労連を脱退したことが25日、分かった。テレ朝労組が申し入れ、同日開かれた民放労連大会で賛成多数で承認された。民放労連によると、キー局の脱退は初めて。

民放労連などによると、テレ朝労組は脱退理由として、運動方針に対する考え方の違いのほか、テレビ広告費の低迷や新型コロナウイルスの影響で業績が厳しくなる中、組合費の負担が重くなったことを挙げているという。

民放労連には日本テレビやTBS、フジテレビなど全国の放送局や放送関連プロダクションが加盟している。(共同)





  その他  


清水ミチコさん、最高やんか