花角氏 脱原発の社会を目指します
脱原発を高らかに謳う花角陣営の全面広告。善良な新潟県民が騙されなければよいのだが。=新潟日報・9日朝刊=/田中龍作ジャーナル

新潟知事選で自公候補の花角氏が当選しました。
彼は原発推進の自公の候補なのに、当初から脱原発を公約に掲げてました。
5/23日の新潟日報によれば、原発再稼動の是非について「職を賭して信を問う」とまで言ったとか。
おまけに投票日前日の9日には、新潟日報に上のような全面広告を掲載した。

新潟日報 5/23 花角氏「職を賭して信を問う」原発再稼働の是非、選挙公約に

 米山隆一前知事の辞職に伴う知事選(24日告示、6月10日投開票)への出馬を表明している元副知事で前海上保安庁次長の花角(はなずみ)英世氏(60)=佐渡市出身=は22日、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非について「職を賭して信を問う覚悟ができている」と述べた。当選した場合は、県の「三つの検証」の結果を踏まえて自身の判断を示した上で、県民の信を問う意向を示した。

 支援する市長有志17人が22日につくった「勝手連」との意見交換後、報道陣に表明した。関係者によると、23日に公表する選挙公約に盛り込むという。

 将来的に「原発ゼロ社会」を目指すとする花角氏は、県が進める「三つの検証」が終わるまで「2~3年かかる」との見通しを示し、「(検証後に)一定の結論を出して信を問う覚悟がある。そうでないと県民の納得は得られない」と話した。「任期途中でも職を賭すのか」と問われ、「そうだ」と答えた。


私は猜疑心の固まりなので、自公候補にこんな事いわれても、素直には信じらんない。
田中龍作氏も同じ気持ちだったらしく、花角氏に突撃インタビューしてる。
オモシロいので、ちょっと覗いてみてごらん。

田中龍作ジャーナル  9日 【新潟県知事選】自公候補「職を賭す、出直し選挙」を否定 県民に理解して頂いて再稼働

以下抜粋

 9日夕にあった街頭演説の後、田中は上記の記事について花角候補に質問した―

田中「報道にあったように出直し選挙をするのか?」
花角候補「出直し選挙という言葉はひと言も使ってない。信を問うと言った」

田中「信を問うとは具体的にどうするのか?」
花角候補「検証作業(※)がどの段階でおわるのか分からないので・・・(中略)責任を持って判断して、それを県民に示して理解頂けるかという作業が必要」


工エエェェ(´д`)ェェエエ工


「職を賭して」が「出直し選挙」じゃないのなら、じゃあ「
職を賭して」とは何を指すんですかぁ?

 9日夕方、今回の選挙を象徴するハプニングが新潟駅前で起きた。脱原発運動を続けている市民集会のすぐ傍で、花角候補の街宣車が赤信号のため止まったのである。

 ある男性は「再稼働させないのか? させるのか? はっきりしろ」と迫った。花角氏は不機嫌な顔をしてソッポを向いた。支持者の前で見せる笑顔とは、全く別人格の顔だった。

花角氏
花角候補は市民から再稼働についての明確な答えを要求されると、不機嫌な顔になりソッポを向いた。=9日夕、新潟駅前 撮影:田中龍作氏= 


田中龍作氏の「善良な新潟県民が騙されなければよいのだが。」という危惧は、現実となりました。
以下はNHK10日のニュースより。

柏崎刈羽原発の再稼働への賛否を聞いたところ、反対が73%、賛成が27%で、反対が賛成の2.7倍となりました。
原発の再稼働に「賛成」と答えた人は、70%台前半が花角さんを支持しています。
花角さんは再稼働に慎重な姿勢を示していましたが、再稼働に賛成する層からの支持も得たことが分かります。
「反対」と答えた人のうち、50%台後半が池田さん、30%台後半が花角さんを支持しました。

前回「米山さん」に投票したと答えた人のうち、およそ60%が池田さん、30%半ばが花角さんを支持しました。
今回の知事選では野党が統一候補を擁立しましたが出口調査の結果からは前回、米山さんに投票した人の相当数が花角さんを支持したことがうかがえます。


70%以上が原発再稼動に反対。そのうち35%以上が花角氏を支持。
前回、米山氏に投票した人のうち、35%が花角氏を支持。
反原発票が確実に花角氏に流れてしまっている。
花角氏の策略にコロっと騙されちゃってるのですよ〜。(T-T)

とりあえず花角氏は。米山前知事の「3つの検証」
 「福島原発事故の原因検証」
 「原発事故が健康と生活に及ぼす影響の検証」
 「万一原発事故が起こった場合の安全な避難方法の検証」
を踏襲するとしてますし、検証が終わるまで2〜3年はかかるとしてる。
すぐに原発再稼動という流れにはならないと思われますが、
その一方で柏崎刈羽原発の再稼動には、東電の命運がかかってると言うじゃないですか。

なんだかねぇ、川内原発の二の舞というか、最初からその路線で進んでるように思えてなりません。
花角氏の任期中に一波乱ありそうですよ。

とにかく、花角氏が「脱原発」を公約にして反原発票を手に入れたのは確かなので、
この先、公約を翻すような事があれば、この選挙の責任を厳しく問うべきです。

公約違反を許していたら、有権者はいったい何を信じて投票すればいいのか分からなくなってしまう。
選挙そのものが無意味になるということですよ。


有権者を騙して票を得るなんて、議員として最低です! (-_-メ) 
そうならない事を 「い の り ま す」